おさけおいしい

飲んだ酒の感想。飲んだら更新、不定期。

ジントニックは、ものすごく苦い

ある日父の手伝いをしたら、報酬に缶をもらった。「ザ・カクテルバー プロフェッショナル〈ジントニック〉」なる酒だ。
父曰く「俺の好きなものを買ってきた」とのことだった。つまりはおすすめなのだろう。

さて、ジントニックはジンとトニックウォーターを混ぜて作るカクテル。
ジンは知らないけど、トニックウォーターサイゼリヤのドリンクバーで飲んだことがある。メロンソーダに少し混ぜると、ちょっとほろ苦くて面白かった。つまり苦いのだ。
ジンは、調べてみたところ、主にジュニパーベリーなどの香草を用いる蒸留酒……らしい。当然、これにも甘みなど期待できるはずもない。というかなんだそのスパイス聞いたこともないぞ。
とにかく苦い酒だ。私が求めているのは甘い酒であって、苦かったり辛かったりするのはお断りなのだ。
なのにこのチョイスである。父は私の好みを知らないのだろうか。

長々と飲むのを後回しにしていたが、感想を催促されたので、仕方なく飲んだ。
にっっがい。苦い。なんだこれは。とにかく続く苦味と、ライムの香り。
ジュニパーベリーとはなんぞやと期待していたところだが、もはや苦味とライムしか知覚できない。困った。
一瞬、氷結のグレープフルーツに似ていると思い、ジントニックをグレープフルーツ味のチューハイと一緒にしてしまったことによくわからない罪悪感を感じた。
これは私が飲むべきではなかった。もっと苦いのが大丈夫な舌の持ち主に飲まれるべきだった。

そして、なんとか飲みきり、父には容赦のない感想を伝えたところ、謝罪と次からプレゼントは甘い酒にしてくれるらしいという言葉をもらった。
父の言う甘いは大して甘くなかった(日本酒のこと)ので、正直信用ならないが。
学びを得たところでやめにしようと思ったが、これだと少し記事が短いので、Twitterジントニックが苦いと愚痴っていたときにおすすめされた他の酒について書いておく。なお、全てまだ飲んでいない。

まず、尊敬している人が2番目に好きな酒として教えてくれた、ウィルキンソンジントニック
少し甘くて飲みやすいしおすすめ、らしい。
無理して飲むことはないと言ってくれたが、尊敬している人の教えてくれたものをスルーなどできない。
ただ、スーパー5軒コンビニ4軒その他2軒を巡り見つからなかったので、今は保留中にしている。酒の缶の売り場は半分をビールが占めており、もう半分は今、ストロングゼロにほとんど駆逐されているせいか、本当に見つからなかった。

それから、自分の知り合いの中でいちばん酒に詳しそうな方が教えてくれた「フルーツとハーブのお酒」シリーズ。
甘めで苦味も強くなくアレンジが効く、養命酒を作ってるところのお酒なので体にも優しい、値段も高すぎない……などと具体的なよさをわかりやすい文章で挙げてもらえて、いちばん気になっている。
調べたところ、その中にはジュニパーベリーが使われているものもあるとかなんとか。

さらに甘い酒が好きな方がその話を聞き「フルーツとハーブのお酒」が飲めるなら……と「ギュギュッと搾ったサングリア」の名前を挙げてくれた。
ワイン単体には渋そうで無理という印象しかないと伝えたところ、その方もワインは渋くて飲めないけどこれなら飲みやすいらしいと返信が。こちらも気になる。

以上、3種類(厳密には後者ふたつはシリーズ名なので、もっとあるのだが)。
体や財布と相談しながら、少しずつ薦められたものも飲んでみようと思う。