おさけおいしい

飲んだ酒の感想。飲んだら更新、不定期。

トリスハニーでハイボールデビュー

前回、前々回と、牛乳割りはよかった。
しかし牛乳は高いし、消費期限にも少し気を使う。もっと気軽に爽やかにお酒を楽しむ方法はないか……と考えている私がひらめいたもの。それがソーダ割りだった。炭酸水は所詮水なので牛乳よりは安いはずだ。
そういえば近所のスーパーにトリスハニーという酒が置いてあった。ラベルにデフォルメされた蜂とおっさんが描いてあるのがかわいくて、調べたことがある。蜂蜜とレモン風味の入ったウイスキーらしい。
ウイスキーといえばハイボールソーダ割りに向いているお酒だ。よし、これに挑戦してみよう。

炭酸水と一緒に購入した。家に持ち帰ってじっくり見つめてみる。この黄金色の液体が今日炭酸水と混ぜて私が味わうものなのだ。
ラベル側面にはおすすめの飲み方が記されていて、ロックやハイボールのやり方も書いてある。
インターネットの情報によると、ハイボールがとてもよく合うらしい。レモンの爽やかさがいいとかなんとか。逆に牛乳割りはそのレモンの味とあまり合わないので意見が分かれるとかなんとか。

まあそういうのはさておいてとりあえずロックでひと舐めしてみよう。氷をぶちこんだグラスに少し入れて、揺すってぺろり。
甘苦い。甘苦くて爽やかな香りがする。たぶんウイスキー要素よりはちみつレモン要素が強いのではないか。思ってたよりはロックでもいけそう感がある。

しかし買ってきた炭酸水がもったいないのでもちろんハイボールも試そう……と、ここで大アクシデントが発生した。
なんとふつうの炭酸水ではなく、ジンジャーエールを購入していたのである。
まあ蜂蜜やレモンと生姜の相性が悪いわけがないとは思うが、酒そのものの味を楽しむには少し失敗だったかもしれない。

とりあえず気を取り直して注ぐ。しゅわしゅわ~っ。小気味よい音、これぞ炭酸。
飲んでみると、まぁ若干ジンジャーだけどけっこういい感じ。淡い金色をした、甘苦爽やかな炭酸水。おいしい。蜂蜜の要素がとてもいい仕事をしている。
ウイスキーは飲むのが怖いけど、気軽に手を出せたし出して正解だった。ただし、ウイスキーそのものとはかけ離れてる疑惑もあるのだが、本物のウイスキーを飲んだことがないので、その辺はわからない。
けっこうぐいぐい飲めるので、つい酔っ払って電話越しの知り合いにドン引きされてしまった。なかなか危険だ。

そして後日。半分ほど残ったトリスハニーのために、正真正銘の炭酸水と、こっそり拝借した牛乳を用意。
とりあえず牛乳で少し作る。うーん、個人的にはわりと微妙だ。
レモンと牛乳が合わないとかそういうのじゃなくて、苦い牛乳ってあんまり好きじゃない。これは失敗記録だ。
次に炭酸水。もう生姜の香りはしないが、相変わらず爽やかで甘くてほろ苦くておいしい。
ジンジャーエールにするかどうかは、次回があればその日の気分で決めていいかなと思う感じだった。

無事に飲み終わる。けっこう好きな酒だった。
こってりした甘さに飽きたときは、こういうさっぱりした甘さを探求するのもいいかもしれない。