おさけおいしい

飲んだ酒の感想。飲んだら更新、不定期。

神に祝福されしコーヒー牛乳、カルーアミルク

前回書いた「フルーツとハーブのお酒の白桃味の牛乳割り」に続いて、間髪入れずに飲んだ酒、それがカルーアだ。
カルーアミルクは、本当に甘い酒の話をするときには必ず出てくるような定番のもの、というイメージがある。牛乳割りの合う酒を探していたときにも名前を挙げてもらった。

ジントニックから始まり、最近はあんまり甘くておいしい自分好みの酒を引き当てられていないので、たまには絶対勝利できそうな選択肢を取るのもいいのではないか。そういう考えから衝動買いの3本のうちひとつに入れた。
実際その考えは正しかった気がする。前回の記事を見ればわかるように、あれは勝利とはカウントし難い体験だった。苦いのは、嫌だ。
カルーアはコーヒーリキュールなので、苦そうな印象がないわけでもないのだが、その辺は実際飲んでみればわかるだろう。

瓶を開けて、コップに注ぐ。
瓶に少し垂れた原液がもったいなかったので、ぺろっと舐めてみたところ、むっちゃ甘い。コーヒーの香りはするが、苦味があるかと言われるとないと言っても過言ではない気がする。
アイスにかけてもシロップ感覚でいけそうな感じだ。クリームチーズ味のアイスだったらティラミスみたいな味になっておいしそう、と思ったが残念ながらここにあるのは牛乳だけだった。

牛乳を注ぐ。一般的なレシピの量を知らないが、私のやり方はだいぶ多かった気がする。
酔いたいというより、ほどよい甘みとミルク感を楽しみたいなので、ちょっと薄いくらいがいいなと思って口をつけたところ、かなり甘い。ベイリーズと同じく、ちょっとやそっとじゃ薄まった感がない酒だと思う。
コーヒー牛乳とほぼほぼ同じ味をしているが、香り高く、おいしい。なんだろう、カラメルに似ているようなそうでもないような不思議な感じだ。そして甘い。
これは私が求めている甘い酒の理想のひとつだ。

コーヒー牛乳なら、たまに自販機で買う上島珈琲店のやつがお気に入りだが、自分の中ではそれと同じ、いや、それ以上に好きだ。
まさに神に祝福されたコーヒー牛乳。

とにかく大勝利だ。
今回はカルーアミルクでだけ飲んだが、次があるならアイスにかけるなり他の酒と組み合わせるなりいろいろ遊んでみてもいいかもしれない。
個人的にはベイリーズグランマニエを使った「B-52」や、グランマニエアマレットに変えた「オーガズム」なんかとても甘そうで気になるのだが、全部リキュールで作ってるとなると相当度数がやばそうで、試すのには勇気が必要そうだ。

フルーツとハーブのお酒を飲んでみた

その日はストレスがたまっていた。そうでもないと、帰り道にいつもウィンドウショッピングをする家電量販店で、思い切って3本も酒を買うなんて、なかなかないことだ。
1本目は、今は内緒。2本目は、次の記事で紹介する予定の、カルーア
そして3本目が、前々回のブログでおすすめされた「フルーツとハーブのお酒」シリーズだ。今日書くのはそれについて。

数ある種類の中で今回選んだのは「香る白桃と杏仁」。なんとなくいちばん甘そう、癖がなさそう、というイメージで決めた。
パッケージがピンクでかわいい。これに限ったことではなくシリーズ全体が女子力増し増しである。自分のような日陰の人間にはとても眩しい。
300ml、度数は10%。まあもし好みじゃなくても自分1人でなんとかできる量だ。

最初はロックで飲むことにした。氷を3つほど入れて冷やして飲む。
味は、甘いけれど思っていたより苦味も強くて、どことなく不思議な癖のある感じがする。これがハーブを使っているが故のものなのだろうか。
桃の香りはするが、杏仁はちょっとよくわからない。杏仁豆腐は大好きなのでわかることのできない自分の舌がちょっと残念だ。
けっこうお酒らしさが強いので、ほどほどに氷が溶けてから飲むのを推奨する。私は少しむせそうになった。

次に牛乳割り。牛乳は、カルーアのために用意していたもので、これに合うのかは正直自信がなかったが、ネットで調べた限りそこそこいい評判も聞いてたので試してみた。
半々で注いだのだが、牛乳が凝固して、びっくりした。酸によるものだろうか。舌触りもどろりとしている。
味について。トリスハニー牛乳割りのときにも思ったが、個人的に苦い飲み物と牛乳を混ぜるのがあんまり好きではないので、やらないほうがよかったかも。しかしまあそこそこいける気がする。あと杏仁っぽさは増したかもしれない。
グラスがちょっと濯いだぐらいでは綺麗にならないので、同じコップ使いまわして別の酒を飲みたい場合は注意が必要か。

今回の感想については、「思ったより苦かった」これに尽きる。自分がそこまで苦いものがだめだと思っていなかったので、ちょっとショックだ。
他の味ならここまでではないのだろうか。といってもいちばん甘そうなのを選んだつもりだったのだが……。
そういえば、同じ養命酒の酒が同じ棚に置いてあったような。「かりんとはちみつのお酒」という名前だったが、むしろこのシリーズの他の酒より、あっちが少し気になるかもしれない。

ドンキにある謎の酒「ソフトクリームのお酒」を買ってみた

今日はちょっと変わったお酒の感想を書こうと思う。
いつもは記事の最後にAmazonでその酒が買えるページを貼り付けているが、今回はない。Amazonには取り扱いがないからだ。

どうもそれはドンキホーテにのみ置いているようで、Googleで検索してもあまり詳しい情報が出てこない。
怪しすぎて、普段なら買おうとは思わないのだが、おすすめされたウィルキンソンジントニックを探し回っているとき、その場のノリで買ってしまった。見つからなくて手ぶらで帰るのは悔しい気持ちが、私を奇行に駆り立てたようだ。

その酒の名前は「ソフトクリームのお酒」。これがその写真だ。

f:id:syaketoba:20180606204026j:plain

ソフトクリームのお酒(未開封)

ミルク色の液体が瓶いっぱいに詰められている。少し固まりが浮いていたりもしたが、牛乳が関わる飲み物の宿命のようなところでもあるので気にしないでおこう。
量は、これで500ml。度数は5度以上6度未満と、そんなに高くないようだ。

「凍らせてもおいしい!!」というタグがついているが、ドンキホーテの値札の横には「ストレート、ロック◎ 炭酸割り○」という表記があったので、まずはロックを試してみよう。……と思ったら氷が切れていた。仕方ないストレートだ。
一応冷蔵庫でしっかり冷やしていたから大丈夫だろうと口に含んだところ、あっっまい。甘い。なんだこれは。
溶かしたホワイトチョコレートと甘酒を足して2で割ったような味がする。ちなみに私は甘酒が苦手だ。

とにかくこれをストレートで飲み切ることはできないと確信。急いでコンビニに走り炭酸水と氷を購入した。いつもは冷蔵庫の製氷機能で作った氷を使っているので、ロックアイスを使うのは地味に初めてだった。
グラスに氷を入れ、炭酸と酒をほぼ同量に入れ、そこそこに混ぜて、飲む。甘ったるいがだいぶ爽やかになった。クリームソーダの希少部位のしゃりしゃりしている部分と似たような風味だ。
ただ、おいしいか、人に薦められるかどうかというと微妙なところだ。
ただでさえ5度くらいしかない酒を炭酸水で割ってしまうのは、酒でなく「甘い飲み物」を求めている自分でもなんだか微妙な気持ちになるし、甘い飲み物としても手放しに褒め称えることはできないし、何より、ここまで全く、ソフトクリームの味がまるでしないのは問題だと思う。

その後なんとか、500mlの酒と500mlの炭酸水を一気に飲みきった。
一気に飲んだのは、飲むのをやめたらもう二度と飲もうという気にならなさそうな気がしたからだ。自分の行動には責任を持って、買ったものはきちんと飲みきりたいと思う。
ドンキホーテは面白いものがたくさんあるが、ノリで買い物をするのは考えたほうがいいだろうという結論に至った。

ジントニックは、ものすごく苦い

ある日父の手伝いをしたら、報酬に缶をもらった。「ザ・カクテルバー プロフェッショナル〈ジントニック〉」なる酒だ。
父曰く「俺の好きなものを買ってきた」とのことだった。つまりはおすすめなのだろう。

さて、ジントニックはジンとトニックウォーターを混ぜて作るカクテル。
ジンは知らないけど、トニックウォーターサイゼリヤのドリンクバーで飲んだことがある。メロンソーダに少し混ぜると、ちょっとほろ苦くて面白かった。つまり苦いのだ。
ジンは、調べてみたところ、主にジュニパーベリーなどの香草を用いる蒸留酒……らしい。当然、これにも甘みなど期待できるはずもない。というかなんだそのスパイス聞いたこともないぞ。
とにかく苦い酒だ。私が求めているのは甘い酒であって、苦かったり辛かったりするのはお断りなのだ。
なのにこのチョイスである。父は私の好みを知らないのだろうか。

長々と飲むのを後回しにしていたが、感想を催促されたので、仕方なく飲んだ。
にっっがい。苦い。なんだこれは。とにかく続く苦味と、ライムの香り。
ジュニパーベリーとはなんぞやと期待していたところだが、もはや苦味とライムしか知覚できない。困った。
一瞬、氷結のグレープフルーツに似ていると思い、ジントニックをグレープフルーツ味のチューハイと一緒にしてしまったことによくわからない罪悪感を感じた。
これは私が飲むべきではなかった。もっと苦いのが大丈夫な舌の持ち主に飲まれるべきだった。

そして、なんとか飲みきり、父には容赦のない感想を伝えたところ、謝罪と次からプレゼントは甘い酒にしてくれるらしいという言葉をもらった。
父の言う甘いは大して甘くなかった(日本酒のこと)ので、正直信用ならないが。
学びを得たところでやめにしようと思ったが、これだと少し記事が短いので、Twitterジントニックが苦いと愚痴っていたときにおすすめされた他の酒について書いておく。なお、全てまだ飲んでいない。

まず、尊敬している人が2番目に好きな酒として教えてくれた、ウィルキンソンジントニック
少し甘くて飲みやすいしおすすめ、らしい。
無理して飲むことはないと言ってくれたが、尊敬している人の教えてくれたものをスルーなどできない。
ただ、スーパー5軒コンビニ4軒その他2軒を巡り見つからなかったので、今は保留中にしている。酒の缶の売り場は半分をビールが占めており、もう半分は今、ストロングゼロにほとんど駆逐されているせいか、本当に見つからなかった。

それから、自分の知り合いの中でいちばん酒に詳しそうな方が教えてくれた「フルーツとハーブのお酒」シリーズ。
甘めで苦味も強くなくアレンジが効く、養命酒を作ってるところのお酒なので体にも優しい、値段も高すぎない……などと具体的なよさをわかりやすい文章で挙げてもらえて、いちばん気になっている。
調べたところ、その中にはジュニパーベリーが使われているものもあるとかなんとか。

さらに甘い酒が好きな方がその話を聞き「フルーツとハーブのお酒」が飲めるなら……と「ギュギュッと搾ったサングリア」の名前を挙げてくれた。
ワイン単体には渋そうで無理という印象しかないと伝えたところ、その方もワインは渋くて飲めないけどこれなら飲みやすいらしいと返信が。こちらも気になる。

以上、3種類(厳密には後者ふたつはシリーズ名なので、もっとあるのだが)。
体や財布と相談しながら、少しずつ薦められたものも飲んでみようと思う。

トリスハニーでハイボールデビュー

前回、前々回と、牛乳割りはよかった。
しかし牛乳は高いし、消費期限にも少し気を使う。もっと気軽に爽やかにお酒を楽しむ方法はないか……と考えている私がひらめいたもの。それがソーダ割りだった。炭酸水は所詮水なので牛乳よりは安いはずだ。
そういえば近所のスーパーにトリスハニーという酒が置いてあった。ラベルにデフォルメされた蜂とおっさんが描いてあるのがかわいくて、調べたことがある。蜂蜜とレモン風味の入ったウイスキーらしい。
ウイスキーといえばハイボールソーダ割りに向いているお酒だ。よし、これに挑戦してみよう。

炭酸水と一緒に購入した。家に持ち帰ってじっくり見つめてみる。この黄金色の液体が今日炭酸水と混ぜて私が味わうものなのだ。
ラベル側面にはおすすめの飲み方が記されていて、ロックやハイボールのやり方も書いてある。
インターネットの情報によると、ハイボールがとてもよく合うらしい。レモンの爽やかさがいいとかなんとか。逆に牛乳割りはそのレモンの味とあまり合わないので意見が分かれるとかなんとか。

まあそういうのはさておいてとりあえずロックでひと舐めしてみよう。氷をぶちこんだグラスに少し入れて、揺すってぺろり。
甘苦い。甘苦くて爽やかな香りがする。たぶんウイスキー要素よりはちみつレモン要素が強いのではないか。思ってたよりはロックでもいけそう感がある。

しかし買ってきた炭酸水がもったいないのでもちろんハイボールも試そう……と、ここで大アクシデントが発生した。
なんとふつうの炭酸水ではなく、ジンジャーエールを購入していたのである。
まあ蜂蜜やレモンと生姜の相性が悪いわけがないとは思うが、酒そのものの味を楽しむには少し失敗だったかもしれない。

とりあえず気を取り直して注ぐ。しゅわしゅわ~っ。小気味よい音、これぞ炭酸。
飲んでみると、まぁ若干ジンジャーだけどけっこういい感じ。淡い金色をした、甘苦爽やかな炭酸水。おいしい。蜂蜜の要素がとてもいい仕事をしている。
ウイスキーは飲むのが怖いけど、気軽に手を出せたし出して正解だった。ただし、ウイスキーそのものとはかけ離れてる疑惑もあるのだが、本物のウイスキーを飲んだことがないので、その辺はわからない。
けっこうぐいぐい飲めるので、つい酔っ払って電話越しの知り合いにドン引きされてしまった。なかなか危険だ。

そして後日。半分ほど残ったトリスハニーのために、正真正銘の炭酸水と、こっそり拝借した牛乳を用意。
とりあえず牛乳で少し作る。うーん、個人的にはわりと微妙だ。
レモンと牛乳が合わないとかそういうのじゃなくて、苦い牛乳ってあんまり好きじゃない。これは失敗記録だ。
次に炭酸水。もう生姜の香りはしないが、相変わらず爽やかで甘くてほろ苦くておいしい。
ジンジャーエールにするかどうかは、次回があればその日の気分で決めていいかなと思う感じだった。

無事に飲み終わる。けっこう好きな酒だった。
こってりした甘さに飽きたときは、こういうさっぱりした甘さを探求するのもいいかもしれない。

ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム・イズ・ゴッド

「牛乳で割るとおいしいけどそのままでも飲めそうな酒」を求め、私は都会へ出た。
最近の家電量販店は家電以外にもさまざまな物を取り扱っている。酒が売っているのを確認した。
そこらのスーパーよりははるかに品揃えがよく、悩ましい。こんなに品揃えがよい店で、どこにでもあるものを買うのは少しもったいない。

Twitterで後半を端折り「牛乳で割るとおいしいお酒を知っている人はいますか?」と聞いてみたところ、夜のTea、カルーアアマレット、ミルミクスが挙げられた。
とりあえず、夜のTeaこそが今牛乳を余らせて困っていることの原因なので、それは却下だ。飲んだことあるし。
それと、カルーアやミルミクスは近所でも売っているし、牛乳割り以外にはあまり適性がなさそうだ。
アマレットだけは心惹かれたが、大きい瓶しかなく、値段が4桁からとなると私のお財布事情を考えると少々きつい。

さてどうしよう、もう面倒くさいからカルーアにしてしまうかと考え棚を見ると、その横には知らない酒の瓶があった。黒くて、同じサイズのカルーアよりは安い。
なんだこれはと書いてあった「アイリッシュクリーム」で検索をかけたところ、Wikipediaが出てきた。どうやら正しい名前はベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム。
他のサイトも参考にしてわかったのは、どうもこれはウイスキーとクリーム、カカオとバニラでできているような、甘い甘い酒らしいということだ。
最初からクリームが入っているなら、コーヒーや紅茶のフレーバーのものと違ってミルクを足さなくても飲むことができるのではと思い、それを購入することにした。200mlの、置いてあった中ではいちばん小さい瓶だ。Twitterでアドバイスしてくれた方々には、心の中でごめんなさいをした。

帰宅して、氷を入れたグラスにほんの少し注ぎ、少し揺すってからひとなめ。
……むむ。めっちゃおいしい。甘くてクリーミーでいい匂いがして、でもしっかりとお酒だ。
カルーアはコーヒー味だと聞くが、これを形容すればココアだ。神に祝福されたココアの味。あるいは高級なチョコレートケーキを雫にしたような、とにかく天にも昇る心地になる味と香りだった。

しかしいつまでもこうしてはいられない。これは牛乳を使い切るための酒なのだ。牛乳を適当に注いで混ぜる。ごくり。
やはりめっちゃおいしい。なんというか、薄めた感がないというかおいしさ据え置きである。もちろんアルコールっぽさは減るけど。
とにかく甘くてお菓子のようで幸せな気分になれる。

Twitterで感想をつぶやいていると、アイスにかけるとおいしいというアドバイスもいただいた。
以前クリームソーダを作ったときのように、エッセルスーパーカップを用意して、かけてみる。
チョコレートアイスが好きな人なら超楽しめそうだ。私は基本的にバニラのアイスクリームがいちばん好きなので、この食べ方はあまりしないかもしれないが。

そして無事に牛乳を使いきった。
しかし、他のお酒を一度試したあと私は、牛乳とセットで、今回とは少し大きな瓶を購入して、もう一回ベイリーズミルクを堪能することになる。
何故リピートしてしまったんだろう。魔力がとんでもない酒だった。この甘さは魔力だ。

ミルクティー好きに夜のtea牛乳割りが効く

ミルクティーが好きだ。甘くてミルキーでいい香りがして、少女の頃からそれは私の日常の中にある飲み物だった。

家にはもう酒がなかった。誕生日ごろに手に入れた酒は、すべて飲み尽くしてしまったからだ。次は何に挑戦しようか。スーパーで麦茶を買うときに足を伸ばして酒の売り場を歩いていたときに、あるボトルが目に入った。「夜のTea」だ。
紅茶のお酒という文字列がしっかりはっきり目に飛び込んできて、これは美味しそうだと直感が訴えてきた。そして、ググって出てきたサントリーの公式サイトには牛乳割りが推奨されている。その頃は、甘い酒は甘い酒でも牛乳で割るものを飲んでみたいなと思っていたので、ちょうどよかった。購入。

家に持ち帰り適当に冷やした。さて飲もうかと思ったが、冷えてるか心配だったのもあって氷を入れて、夜のTeaを注いだ。
ところでこの酒はどうもいちばんのおすすめはロックらしい。それで気になったので少しだけ、ミルクなしで舐めてみた。
……うーむ、やはりストレートティーが苦手な人は、牛乳で割るのがいいだろうという結論だ。
ただ、紅茶にミルクがなくても飲める人なら、割らなくても飲める紅茶のお酒として存分に楽しめるのではなかろうか。既存の紅茶リキュールとの違いも、割らなくても飲みやすいというところだろうし。

気を取り直してミルクを注ぐ。1:1が推奨されてるのでだいたいそのくらいになるようにして、適当に混ぜて、飲む。
けっこうミルクティーだこれ。正しく言うと、ふつうのミルクティーとはちょっと違う香りをしている気がした。なんだろう、公式サイトにはブランデーやバニラを漬け込んだお酒を隠し味に使っているとのことだから、その辺が関係しているんだろうか。
あと、甘さは控えめ。とてもおいしい。

飲みきって、けっこうおいしかったけど、次にミルクティーっぽい酒を飲むのなら別のものにしたいと感じた。この酒について調べているときに知った、ティフィンなんかが気になる。

そういや、酒を割るための牛乳も嗜好品扱いだから自腹で買ったのだが、少し余してしまった。牛乳だからあんまりゆっくりしていると悪くなりそうだし、だからといってただの牛乳として飲みきるのももったいない。
サントリーから同じシリーズで「夜のCoffee」というコーヒーバージョンが出ているらしいが、ミルクなしでコーヒーが飲めない人間が手出しをすると困ったことになりそうだ。牛乳が足りなくなったときに買いに行って、酒がなくなったころには牛乳がまた余るという悪循環は避けたかった。

次に買う酒は牛乳割りができて、かつ、今度は牛乳が足りなくなったというときにそれ単体で飲めそうなものを買おうと思う。そんな酒があるのかはわからないが。

紅茶のお酒 夜のティー 500ml

紅茶のお酒 夜のティー 500ml